「ちょう布だるま」を作り出しています

「ちょう布だるま」を作り出しています。
 調布は「布」で、その昔、税を納めていました。 布田という地名があり、布多天神は布が多いと書きます。 布の歴史は、これから先、深く突っ込んでいかなくては、というところです。 【調布・ぬのまちプロジェクト】を調布アットホームから立ち上げました。 だるチャンプロデュースは、もともと、だるまのさんの脇役として布も一緒に展開していまこともあり、調布の町の資源としてこの二つを組み合わせたプロジェクトに参画しました。 子どもから大人まで、男女を問わず、素敵なだるまさんが短時間で出来上がります。 あ、布を貼る前に、願い事をだるまさんのボディに書き入れます! この、「創作」という作業は、普段使わない脳みそを使うのがやっていて感じます。 お年寄りの脳トレにはすごくいいですし、毎月出かけることで人とのふれあいができます。 うちのおばあちゃんは、次のだるま作りの日を楽しみにしています。 テレビの前に並んでいくのが楽しみです! これらは最近の作品です。(きやま作)

0コメント

  • 1000 / 1000