小さいけれど、
中を覗けば驚きの
だるまの世界が広がっています

日本三大だるま市の一つ、深大寺だるま市の地にある、だるまパワーで元気になるお店「だるチャンのおうち」。

地域の仲間たちで作った一点物の、だるまグッズ、ちょう布だるま、柿渋染めの手作り商品や、多摩だるまを中心とした全国のだるまが並びます。

だるまのゲームで遊んだり、だるまさんに変身したり、だるま作りワークショップも体験できます。

インスタグラム @daruchan_noouchi でお店の様子を紹介しています

だるチャンのおうち

営業時間

11:00~16:00

定休日

月曜日、火曜日(日曜が祝日の場合、水曜が振替休日となる場合があります)

天候やイベントなどで、クローズすることもあります。

〒182-0017 調布市深大寺元町5-5-1

TEL:042-444-7880

MAIL:daruchanpro@gmail.com

アクセス バス

  1. 京王線調布駅北口から小田急バス[鷹56三鷹駅南口行]深大寺入口下車すぐ
  2. 京王線調布駅北口から小田急バス[吉06吉祥寺駅南口行]深大寺入口下車すぐ
  3. JR・京王井の頭線吉祥寺駅南口から小田急バス[吉06調布北口駅行]深大寺入口下車徒歩2分
  4. JR・京王井の頭線三鷹駅南口2番乗り場から小田急バス[鷹56調布駅北口行]深大寺入口下車徒歩2分
  5. 京王線つつじヶ丘駅から京王バス[丘21植物公園・深大寺行]御塔坂下車すぐ

一部の商品はオンラインショップ「だるチャン七転八起店」でも購入できます。


ワークショップ

ちょう布だるまワークショップ

テレビでも何度も取り上げられています!
あなたの選んだ布を貼って、きれいな模様のだるまを作ろう

調布の「布」と深大寺の「だるま」を融合させた、「ちょう布だるま」をお店で作れます。
願い事を書いただるまさんに、古布や着物地、浴衣地などを貼っていきます。

「作っていくうちに不思議なゾーンに入っていくのを感じる」

「出来上がっただるまさんが愛おしくなる」

世界にひとつのステキなだるまさんを作りましょう。
布選びに悩むほど、愛着のあるステキなだるまさんができあがること間違いなし。

ワークショップの申し込みはこちらからお願いします

ワークショップQ&A

体験はどのくらい時間がかかりますか?

だいたい1時間半〜2時間くらいで完成します

だるまさんの顔を上手く描けるか自信がないです

大丈夫です。時間をかけて布を張った頃には、顔を描いて仕上げたくなるはずです

布は自分のものを持っていってもいいでしょうか?

はい、どうぞどうぞ! 大切な方の着物や、思い出の洋服の生地などを使って、より特別なだるまさんを作ってください

その他のQ&Aは「Q&Aページ」をご覧ください。

地域のイベントや商業施設の催事などに参加して、ワークショップを開催しています。

開催情報は以下のTwitterを確認してください。

Twitter @Daruable でイベントスケジュール、近況を発信しています


日本三大だるま市の一つ、深大寺だるま市(3月3、4日)の地から生まれた“だるチャン”。

地域の女性たちが中心となり、だるまでどこまでできるか? に挑戦しています。

“もったいない” “とことん使いきる” “再生”をキーワードにしたものづくりと地域活性化を目指し、丁寧な一点物を生み出しています。

取り上げていただいたテレビ番組

出没!アド街ック天国(テレビ東京) / 爆買い☆スター恩返し(フジテレビ) / モヤモヤさまぁ〜ず2(テレビ東京) / 志村どうぶつ園(日本テレビ) / スーパーJチャンネル(テレビ朝日) / ノンストップ(フジテレビ) / じゅん散歩(テレビ朝日) / ぶらり途中下車の旅(日本テレビ) / ゼロイチ(日本テレビ) など

お店に来ていただいた有名人のみなさん

鈴木亮平さん / 尾上松也さん / 宮下草薙さん / 山崎怜奈さん(乃木坂46) / 佐藤藍子さん / 寺嶋由芙さん

取り上げていただいた新聞

朝日新聞 / 読売新聞 / 毎日新聞 / 東京新聞 / 福島民報 / 福島民友新聞

Contact

だるチャンプロデュース

代表 貴山 圭子(きやまけいこ)

だるチャンのおうち(店舗)
〒182-0017 調布市深大寺元町5-5-1
TEL:042-444-7880
MAIL:daruchanpro@gmail.com

  • だるチャン、ぼてクンをイベントに呼びたい
  • 出張ワークショップをしてほしい
  • 商品をコラボして一緒に作りたい

などは、以下よりお問い合わせください。