ラグビーW杯FANZONEで“ちょう布だるま”体験、の予定でした!

東京のFANZONEの一つは、わが町調布で開催されます!
10月12日(土)、13(日) に多摩の魅力発信のブースで“4つのだるま”を体験できる予定、、でした。


4つのだるま体験とは・・・・

  1. ちょう布だるま作り 
  2. だるまに変身
  3. ゲームだるッ飛び 
  4. だるまめつまみ


しかし、台風16号が近づき、両日の開催は中止となってしまいました。
日本がプール線で連勝して、スコットランド線で勝てば決勝トーナメントに進むという、大事な試合が13日の夜にあったわけです。

調布駅前広場で、たくさんの人たちとだるまで熱い応援をする予定でした。

こちらはその前の週末のサモア戦に、FANZONEを観察してみました。
黄昏時、まだビッグカメラのスクリーンは鮮明ではありません。
これを見ただけでもうワクワクドキドキしてきました。
ちなみに、この画面を使って、“ねぶくろシネマ”というイベントが時折開催されています。


向こうに白いテントが沢山並んでいるのが見えます。
たっくさんの人の姿が見え、喧噪を感じて、自然に足が早くなるのを感じます!!!

駅を出た位置でレンジーがお出迎えです。
ボランティアの方たちが活躍しています。

愛する息子、ラグビーだるまは何処に!!!
調布市のブースにいると聞いています。

いました!!! 

ビッグカメラとアフラックの間に。回転していませんが、、
鬼太郎さんと目玉おやじと一緒です。三人で何か語り合っているようです。

立派なインスタボードが用意されていましたので、愛しい息子と撮りました!!

右の目を入れてくださったのが、前回のW杯で大活躍の福島県出身TOSHIBAの大野均選手、キンさんです!!!
W杯が始まる前、この場所でのイベントで開眼していただきました。
うれしーーーー\(^o^)/

そして、この場所がだるまで大盛り上がりになる予定だったテントです!

市町村ブースでもあり、隣の瑞穂町は夕方でおしまい。もったいない〜
だるチャンブースはもちろん最後までここにいる予定でした。テントの向こうに柵が見えますが、そちらが二つのパブリックビューイング(グリーンホールとその前のスクリーン)とスポンサーエリアです。


これを撮ったのは南口ロータリーバス停側からです。
皆さん、見える場所ならどこからでも見るぞ!というスタンスです。


これは、グリーンホール前のパブリックビューイング。このエリアは、スポンサーエリアとなっていて、柵の中です。試合途中まで行列で入ることができませんでしたが、試合後半の半ばには全員入れましたので、私もこのZONEに入りました。

向こうの建物が調布グリーンホール、そこももちろん昼の試合から超絶満員です!
一体どれだけの人がこの駅前にいるのか!!

私の調布歴23年の体験の中で、市政30周年の調布商工まつりが同じくこの場所で開かれ、その賑わいに驚きましたが、その時とはもう全く比較にならないレベルでした。




https://youtu.be/au_gGGv8WRU




0コメント

  • 1000 / 1000