深大寺鬼燈まつり

深大寺鬼燈まつり。夏の風物詩です。
夏の風物詩、深大寺鬼燈まつりがありました。深大寺で開かれるのは今年で4回目。
 前日までの猛暑はどこへいったのか初日は土砂降りにもなり、梅雨に戻ってしまったお天気でした。
参道のほおづき売場とは離れてここは“深沙の杜”。子どもコーナーと手作り市コーナーが、祭り後に行われる盆踊りの櫓の周りに集まりました。その櫓がライブステージ!
 今年は、地元調布を中心に活動している「じょうろくらぶ」のメンバーにだるま踊りを生演奏、生歌でお願いしました。ライブというのは、こんなにも楽しいんだ、って感じました。踊りはもちろんいつもの「まめちょ」の親子たち。回を重ねる度にどんどん踊りが上達していきます。
 ゲーム「だるッ飛び」は、やはりここでも大人気。「子どもだけでなく、お年寄りにもいいわよ、これは。是非ひろめてくださいな」と、励ましのお言葉をいただきました。う〜ん、どうやって広めたらいいのでしょうか・・・

0コメント

  • 1000 / 1000