端切れの布で、スマホスタンド!

ちょう布だるまを作った端切れ、

だるま市手ぬぐいを柿渋で染めてポーチを作った端切れ、

浴衣をリメイクした端切れ、、、


これらを、だるチャンメンバーのAさんは、手縫いでちくちくと縫い合わせます。

何を作るから、という目的はなく、ただちくちくと縫います。

布をはぎ合わせているだけで幸せなのです。


「はい、できたよ〜」と私のところに、出来上がった布たちがやってきます。

さあて、何にしようか、、、、、

なかなかその答えは見つかりません。

柿渋は、布、染めた時の柿渋液の濃度、日差し、により仕上がりの具合がそれぞれ違います。

ですから、つなぎ合わせると濃淡が出て、それがまたとても素敵な世界を作り出します。

Aさんは、とにかく布にハサミをいれることをしたくない人なのです。

ハサミを入れることは「もったいなくてできない」のだそうです。

ちいさなそこにある布をそのまま使いたいのです。

私も、もちろん「もったいない党員」(作っちゃいますか!)ですが、Aさんは、その党の中でも最高に位置する方です笑

深大寺だるま市に向けて、この子達を作ってみました。

上の方にあるキャラクターのものがありますが、それを家の中で見つけました。

とても便利で、使っているうちに、これをその端切れたちで作ってみたい!!と思うようになりました。

YouTubeでいつも見ている、うさんこチャンネルさんが、その作り方を紹介していましたので、参考にして作りました。

iPadもちゃんと立ちます。

下の方にはペレット、上の部分には綿が入っていて、適度な安定感と、スマホの横たわり具合がとってもいい感じです♬


ちなみに、孫にも作ってあげました。

孫がお気に入りの腹巻きパンツ、着古してもお気に入り過ぎて捨てられないでいたので、孫がディズニーのカーズを見る時に使える!!と作りました。

Aさんがちくちくした布たちで、いくつか作ってみます。


答えが見つかった今、とてもホッとしています。

今年は楽しくなりそうです!


参考にした「うさんこチャンネル」さんのページはこちらです。


0コメント

  • 1000 / 1000